トヨタ、中国合弁会社に新ライン建設…2018年央から新型車を生産

業界 レスポンス

トヨタ自動車は8月4日、中国 一汽集団との生産合弁会社である天津一汽トヨタ(TFTM)に新ラインを建設し、2018年年央から、新型車の生産を開始すると発表した。

新ラインは、天津市経済技術開発区に建設し、生産能力は10万台/年、投資額は約590億円を予定。一方、既存老朽ラインでの生産を、2017年末までに打ち切る予定で、TFTM全体の生産能力台数は、現状並みとなる予定。

天津一汽トヨタでは、『クラウン』『レイツ』『カローラ』『カローラEX』『ヴィオス』を生産。年間生産能力は約53万台で、昨年は約44万台を生産している。

トヨタは、「量を求めた工場づくり」から「競争力のある新しい工場づくり」に発想を大きく転換しており、既に、中国においては、今年4月に、広汽トヨタ自動車が、2017年末までに既存ラインの再構築と新ライン建設を発表している。

TFTMでも、既存ラインの一部工程の見直しや自働化を推進し、また、新ラインでは、車種や量の変更に柔軟に対応できる伸縮自在ラインを導入し、競争力のある工場を目指す。また、TNGA(Toyota New Global Architecture)を前提とした新しい工場として、TFTM全体の生産性を向上させ、生産体制を強化していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ