ヤマハ柳社長、インドネシア市場回復は「早ければ今年後半から」

業界 レスポンス

ヤマハ発動機の柳弘之社長は8月4日の決算発表会見で、インドネシアの二輪車市場見通しについて「希望的観測だが、早ければ今年後半から、遅くても来年からは回復するだろう」と展望した。

東南アジア最大の2輪車市場であるインドネシアでは、昨年から需要の落ち込みが続いている。今年上期では前年同期比25%減の317万台となり、ヤマハの出荷も31%減の92万台と低迷した。

柳社長によると不調の要因は、政府の経済対策の遅れ、通貨安、さらに一次産品の市況軟調という3つが重なっているという。ただし、政策の遅れが解消されつつあるなどにより、「6月、7月と落ち込み幅は縮小傾向にある」(柳社長)。今年後半からの持ち直しに向け、明るい材料も出始めたと見ている。

  • 池原照雄
  • インドネシア バイク(イメージ)写真提供:Getty Images
  • ジャカルタ《画像提供: Qatar Airways》
  • ヤマハ発動機 柳弘之社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ