住友ゴム、タイヤの技術研究施設が完成…新たな技術研究設備導入のため

業界 レスポンス

住友ゴム工業は、神戸市中央区にある同社敷地内に「技術研究センター5号館」が竣工し、8月4日に竣工式を実施した。

技術研究センター5号館は、約13億円を投じて建設した。地上3階建てで、建築面積が約1500平方メートル、延床面積が約3700平方メートル。

5号館は、同社の技術・研究開発の核として、新たな技術研究設備を導入に伴って建設したもので、既存の技術研究センター、タイヤテクニカルセンターと合わせて、タイヤ技術開発の場として機能していく。

建物は環境への配慮として、緑化や太陽光発電などを活用し、地域の環境負荷低減への貢献を目指す。

  • 編集部
  • 住友ゴム工業(イメージ)出典:日本自動車タイヤ協会
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ