いすゞ川原専務、国内トラック販売「期初見込みに比べ好調に推移」

業界 レスポンス

いすゞ自動車の川原誠取締役専務役員は8月4日に都内で開いた決算会見で国内のトラック販売について「期初の見込みに比べて非常に好調に推移している」との認識を示した。

川原専務は「普通トラックは建設系の需要が前年度にでたが、それは一応一巡した。今年度はカーゴ系が、10年前に(排ガス規制強化を控えた駆け込み)特需があったが、それの代替需要がでてきている。今年度の全需はカーゴ系が引っ張っている」と指摘した。

さらに「これはアベノミクスによる効果。運賃も上がってきているし、原油安で燃料費も下がっていることもあって、カーゴ系のお客様の購買意欲が上がっている。小型トラックも同様の動きで、足元の受注、実際の販売は計画よりやや上目にでている」と述べた。

先行きについては「(前回のカーゴ系)特需は3〜4年続いた。また日本の強靭化計画や東京オリンピックもあるので、楽観的と言われるかもしれないが2020年までは大きく落ち込まない」と話していた。

  • 小松哲也
  • いすゞ・ギガ《参考画像》
  • いすゞ自動車決算会見《撮影 小松哲也》
  • いすゞエルフ《参考画像》
  • いすゞ自動車決算会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ