ヤマハ、オフロード&スーパーモタード2車種を2016年モデルに

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、250ccエンジンをアルミ製フレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」と、スーパーモタード「WR250X」の2016年モデルを9月10日から発売すると発表した。

2016年モデル「WR250R」のカラー&グラフィックは、競技用モデル2016年YZシリーズのイメージを継承したグラフィック「ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)」と、ビッグロゴグラフィックで存在感のある「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」の2色を設定する。

「WR250X」の車体色は、ストリート向け「ヤマハブラック(ブラック)」と、「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」を継続、タンクサイドからサイドカバーにまたがるビッグロゴグラフィックとゴールドリムが新たな特徴となる。

価格はWR250Rが72万1440円、WR250Xが75万3840円。シリーズ合計で年間1200台の販売を計画する。

  • 編集部
  • WR250Rの2016年モデル出典:ヤマハ発動機
  • WR250Xの2016年モデル出典:ヤマハ発動機
  • WR250Xの2016年モデル出典:ヤマハ発動機
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ