ダイハツグループ九州開発センター、開所式を実施

業界 レスポンス

ダイハツ工業は、「久留米開発センター」を「ダイハツグループ九州開発センター」に改称、8月5日に小川洋福岡県知事と楢原利則久留米市長を迎え開所式を実施した。

ダイハツグループ九州開発センターは、ダイハツの子会社であるダイハツ九州 久留米工場の隣接地に、「久留米開発センター」の名称で2013年11月に着工したが、今回、ダイハツ九州をはじめ、ダイハツグループの連携をさらに強化するため、これまでの「久留米開発センター」から「ダイハツグループ九州開発センター」に改称する。

同センターは、軽自動車のエンジンを主体としたプラットホーム部品の評価、解析、技術開発拠点として2013年11月に着工。その後、2014年3月にエンジン、トランスミッションなどの実験棟、2014年12月に車両搭載時の性能評価を行う実験棟、2015年6月にアセアンなどの様々な環境条件での評価を行う実験棟などを開設し、従業員数は約200名、投資額は約200億円となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ