パイオニア、為替影響による原価率悪化などで大幅減益…2015年4-6月期決算

業界 レスポンス

パイオニアが発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、経常損益が5億9200万円の赤字だった。前年同期は2億7900万円の赤字で赤字幅が拡大した。

売上高は前年同期比3.8%減の1090億2000万円と減収だった。円安による為替換算効果もあってカーエレクトロニクスは増収となったが、前期に実施したホームAV・DJ機器の事業譲渡が影響した。

カーエレクトロニクス事業は、カーオーディオは、北米の市販向け、北米・国内でのOEM向けが増加して増収となった。カーナビゲーションシステムは、東南アジアや中国のOEM向けが増加したものの、国内の市販向け、OEM向けが減少し、減収となった。

カーエレクトロニクス全体の売上高に占めるOEMの売上構成比は前年同期から6ポイントアップして62%となった。

全体の収益では、事業譲渡や体制のスリム化の効果で、販売費・一般管理費が減少したものの、原価率が為替影響によって悪化したことや、減収の影響で、営業利益は同74.0%減の6900万円と大幅減益となった。当期損益は25億1400万円の赤字となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ