「路駐は危険」と9割が認識、でも4割は「路駐経験あり」…パーク24調べ

社会 レスポンス

パーク24は、8月9日「駐車場(パーク)の日」を前に、路上駐車防止の啓発活動の一環として、駐車に関する意識調査を実施。その結果を発表した。

調査はドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に、7月6日から12日の6日間、非公開型インターネットアンケートで実施。8236名からの有効回答を得た。

調査結果によると、89%の人がクルマを運転中に「路上駐車が原因で危険を感じた経験がある」ことがわかった。昨年度の調査では94%となっており、6ポイント下がった。

また、2年以内に路上駐車をした経験があると回答した人は41%。小幅ながらも、2013年度から減少傾向となっている。

路上駐車をした理由については、「駐車場にとめるほどの時間ではなかったから」が55%で最多となった。この他、「近くに駐車場がなかった」32%、「駐車場が満車だったから」5%という回答が多くなり、この傾向には変化がなかった。

クルマの利用頻度別では、運転頻度が低い人ほど「駐車場にとめるほどの時間ではなかったから」という理由で路上駐車をしており、路上駐車に対する意識が低いことが伺える。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 路上駐車経験
  • 路上駐車した理由
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ