住友ゴム中間決算…国内向けタイヤ不振で営業利益16.6%減増

業界 レスポンス

住友ゴム工業は8月5日、2015年1-6月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高3888億8300万円(前年同期比+2.7%)、営業利益292億5300万円(−16.6%)、経常利益310億4300万円(−11.4%)、純利益200億0600万円(−8.4%)だった。

国内市販用タイヤは、消費税率引き上げ以降の需要の低迷に加えて、スタッドレスタイヤの販売が低調に推移したため、販売数量、売上高は前年同期を下回った。

国内新車用タイヤは、消費税率引き上げに伴う消費マインドの冷え込みなどにより自動車生産台数が前年同期を下回り、販売数量が減少したため、売上高は前年同期を下回った。

海外市販用タイヤは、ロシアやブラジル、インドネシアなどでは消費の冷え込みに加えて、現地通貨安の影響により厳しい状況で推移。しかし、米国では景気の拡大により販売数量が増加したことに加えて、為替の円安効果などにより、売上高は前年同期を上回った。

海外新車用タイヤは、中国やインドネシアでは販売数量が減少したが、タイでは比較的販売が好調な車種への納入により販売数量が増加したほか、欧米での新たな納入が拡大したことに加えて、為替の円安効果により売上高は前年同期を上回った。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ