フォルクスワーゲン、米国向け全車に自動ブレーキを設定

新車 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは7月29日、米国向けの2016年モデル全車に、自動ブレーキなどの安全装備を設定すると発表した。

自動ブレーキをはじめとするドライバー・アシスタンス・システムは従来、米国では最上級SUVの『トゥアレグ』だけに用意されていた。2016年モデルからは、全車種に拡大展開する。

具体的には、『ザ・ビートル』、『CC』、『ゴルフ』シリーズ、『ジェッタ』などで、ドライバー・アシスタンス・システムが標準またはオプションで装備できるようになった。

車種に応じて、アダプティブ・クルーズ・コントロール、前面衝突警告&自動緊急ブレーキ、ブラインド・スポット・モニター、車線逸脱警告などが用意される。

また、2016年モデルでは、リアビューカメラの標準化を、さらに推進。全ラインナップのおよそ85%が、リアビューカメラを標準装備している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ジェッタ GLI の2016年型
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ