IHI、社会基盤・海洋セグメントの採算悪化で経常赤字に…2015年4-6月期決算

業界 レスポンス

IHIが発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、経常損益が4億2800万円の赤字に転落した。

売上高は前年同期比21.2%増の3407億6200万円と大幅増収だった。

産業システム・汎用機械事業は、自動車向けターボチャージャーや熱・正面処理、パーキングが好調で増収だった。航空・宇宙・防衛事業では、民間向け航空エンジンが増加したことや、防衛機器システムの艦艇用ガスタービンの引渡しがあり増収となった。

損益では、次世代大型機用航空エンジンGE9Xなどの研究開発費の増加や、社会基盤・海洋セグメントの一部受注工事の採算悪化の影響で、営業利益が同99.9%減の2000万円と大幅減益となった。当期損益は4800万円の赤字だった。

通期業績見通しは、同じく社会基盤・海洋セグメントの一部受注工事の採算悪化の影響を加え、下方修正した。営業利益が前回予想より150億円マイナスの750億円、経常利益が120億円マイナスの630億円、純利益が100億円マイナスの390億円を予想する。売上高は前回予想を据え置いた。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ