日産 ジューク-R に600hpの「2.0」…少量を限定生産か

新車 レスポンス

欧州日産が、6月末に発表したコンセプトカーの『ジューク-R 2.0』。同車が少量ながら、生産される可能性が出てきた。

ジューク-R 2.0は、2012年に欧州で少量が限定生産された『ジューク-R』の進化形。ジューク-Rは『GT-R』用の「VR38DETT」型3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジン(プロトタイプの最大出力はGT-Rデビュー当初の480ps)をはじめ、独立型トランスアクスル4WDや6速デュアルクラッチトランスミッションまでも、そっくり移植。中身は、ほぼGT-Rといえるジューク。

量産版のジューク-Rでは、プロトタイプよりもパワーアップ。その最大出力は65ps引き上げられ、545psを獲得した。最高速は、257km/h。2012年当時の価格は、日本円に換算しておよそ5000万円だった。

6月末に発表されたジューク-R 2.0では、最新型GT-Rの頂点に立つ『GT-R NISMO』からエンジンを移植。最大出力はGT-R NISMOと同じく、600hpの大台に届いた。外観は、さらにアグレッシブなデザインに。カーボンファイバー製の前後バンパーをはじめ、リアにはカーボン製のディフューザーを装着。フロントバンパーは開口部を広げ、冷却性能と迫力を増している。

7月31日、イタリアの自動車メディア、『omniauto』は、NISMO関係者から得た話として、「ジューク-R 2.0が最大17台を上限に生産される」とレポート。価格に関しては、「前作同様、およそ50万ユーロ(現在のレートでは6800万円)ではないか」と伝えている。

  • 森脇稔
  • 日産 ジューク-R 2.0
  • 日産ジューク-R 2.0が最大17台を上限に生産されると報じたイタリア『omniauto』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ