シュコダの次世代SUVは夏でも「スノーマン」!?

新車 レスポンス

フォルクスワーゲン傘下で、チェコの自動車メーカー「シュコダ」の新型クロスオーバーSUVを雪の残るスイスで捕捉。日本は夏だが、その名は『スノーマン』だ。

スノーマンは親会社、フォルクスワーゲンのMQBプラットフォームを採用。2015年9月にもデビュー予定の新型『ティグアン』とは兄弟関係になる。新型ティグアンは現行モデルより、5cm以上全長が延長される予定だが、このスノーマンはさらに5cmほど長く、兄ティグアンより快適な室内空間を持つという。

今回のプロトタイプは現行『イエティ』のミュールだが近年の最新シュコダフェイスとなるようだ。

ティグアンから流用されるパワーユニットは1.4リットルTSIで、140ps及び180psの2種のエンジンがラインナップされる。

ワールドプレミアは2015年11月が有力だ。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • シュコダ スノーマン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ