KTMジャパン、2016年オフロードモデルの導入車種を発表

モーターサイクル レスポンス

KTMジャパンは、同社オフロードラインアップについて、2016モデルの国内導入車種と価格を発表した。

モトクロスモデルの「SX」シリーズは、フレーム・エンジンともに大幅刷新。クロームモリブデン鋼を使用したフレームは、ヘッドパイプ周りのボックス構造化やサブフレームの形状見直し等、コンパクト化されたエンジンに合わせ、全体のサイズから見直しを図った。また足周りではフロントサスにエアフォークを採用する等、ユニークな試みも。エンジンは250で46hp、350で58hpとさらにパワーアップ。単体重量でともに約1.0kgの軽量化を果たしている。

エンデューロモデルの「EXC」シリーズは、リンクレス構造のリアサスペンションや、軽量、高回転でありながら、低速から粘る厚みあるトルクを生み出すシングルエンジンなど、2015年モデルを基本に熟成を図った。さまざまなスペシャルパーツを組み込んだ2016年のシックスデイズ仕様については、次回開催地であるスロバキアをモチーフにしたグラフィックとなった。

またトレッキングモデルの「フリーライド」は引き続き2ストローク250ccと4ストローク 350ccの2車種を用意。キッズ向けの「ミニサイクル」は、自動遠心クラッチ仕様の「50SX」から、リターン式ミッション仕様の「65SX」、乗りやすさと高い戦闘力が評判の「85SX」と、充実した内容を継続している。

価格はSXシリーズが79万5000円から110万2000円、EXCシリーズが89万円から149万円、フリーライドが85万円から92万5000円、ミニサイクルが34万9000円から56万5000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • KTM 350 EXC F SIXDAYS(2016年モデル)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ