【VW ゴルフ オールトラック 発売】順調なゴルフヴァリアントシリーズを更に後押し

新車 レスポンス

VW『ゴルフ』に新たなバリエーション、『ゴルフ オールトラック』が追加された。このクルマは、『ゴルフ ヴァリアント』をベースに、よりアクティブなライフスタイルを好むユーザーに向けて開発したクロスオーバー4WDステーションワゴンだという。

ベースモデルのゴルフ ヴァリアントは、「2013年12月の発表以降、約1万4000台を販売しており、名実ともにフォルクスワーゲンの人気モデルになっている」とは、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクトマーケティング担当部長の新道学氏の弁。

その後、スポーティな装いのR-Lineをグレード追加。そして今年5月には「ヴァリアント史上最もパワフルなエンジンを搭載したゴルフR ヴァリアントを追加するなど、順次そのバリエーションを拡大してきている」と述べる。

ゴルフヴァリアントが属する国内のステーションワゴン市場について新道氏は、「ここ数年、年間16万台前後で推移しており、Cセグメントと呼ばれるコンパクトクラスが8割を占めている」という。その内訳は日本車が90%。銘柄では『カローラ フィールダー』やスバル『レヴォーグ』、ホンダ『シャトル』などだ。「それらに続く形でゴルフ ヴァリアントがある」と新道氏。

このゴルフ ヴァリアントは、1995年から日本で販売を開始しており、新道氏は「数少ない輸入コンパクトワゴンとして定着している」と述べる。特に昨年1月に導入した7世代目のゴルフをベースにした新型ゴルフヴァリアントは、「過去10年で最高の販売台数を既に単年で記録をしている」と好調さをアピール。

その評価ポイントは、「フォルクスワーゲンらしいスタイリッシュな内外装のデザイン。21km/リットルに達する優れた燃費性能。最大1620リットルを誇る広大なラゲッジルームだ」とし、そこのゴルフ オールトラックを追加することで、更に台数を伸ばしたい考えだ。

  • 内田俊一
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
  • VW ゴルフ オールトラック《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ