中国地方に初の水素ステーション…FCフォークリフトと燃料電池車併用型

業界 レスポンス

岩谷産業は、中国地方で初となる水素ステーション「イワタニ水素ステーション山口周南」が山口県周南市に開設したと発表した。

同社はこれまでに、兵庫県尼崎市、福岡県北九州市、東京都港区、埼玉県戸田市、愛知県豊田市に水素ステーションを開所しており、今回の開所が6か所目となる。

山口県は、臨海部を中心に多くの化学メーカーがあり、水素供給能力が高い。このため山口県では、化学メーカーから発生する水素をエネルギーとして地産地消するため、純水素型燃料電池の開発を県の研究開発補助金で支援するなど、さまざまな取り組みを行ってきた。

周南市への水素ステーション建設は、これらの活動の一環として山口県が同社に建設に関する相談したことを機に検討してきた。同社は山口県周南市にトクヤマとの合弁による液化水素製造プラント「山口リキッドハイドロジェン」があり、供給面で地の利を生かせると判断、ステーション建設を決定した。

新設した水素ステーションは、周南市地方卸売市場の敷地内に建てられており、同市場で実証が予定されているFC(燃料電池)フォークリフトへの水素も供給できる設備を備える。FCフォークリフトは、燃料電池自動車の半分となる35MPaの圧力で充填を行うため、敷地内には70MPa用と35MPa用の2種類のディスペンサーを整備した。同じ敷地内で燃料電池車とフォークリフトの両方に充填できるステーションは国内初。

また、周南市では水素ステーションから同市場に設置される純水素型燃料電池への配管工事を行い、市場内の電源の一部を賄う予定。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ