ハスクバーナ、新型モトクロッサー5車種を世界初公開

モーターサイクル レスポンス

スウェーデンのブランド、ハスクバーナの2016年モトクロッサーが8月3日に世界同時発表。アメリカ東海岸にあるモトクロスコース「バッズクリーク」でメディア向けに試乗会が開催された。

同社は2013年にKTM傘下となっているものの、北米市場において急激な成長を遂げており、AMAスーパークロス、モトクロス、GNCCなど名だたるオフロードバイクレースにおいてファクトリーチームで参戦中。

今回フルモデルチェンジとなったのは、モトクロス用の機種『FC450』、『FC350』、『FC250』、『TC250』、『TC125』の5車。KTMと大まかなコンポーネントを同一としているが、外装が異なるだけではなく、サブフレームはカーボンコンポジットになっていたりと、ライディングフィールもKTMとは異なる。

目玉となる仕様変更は、軽量化。旗艦であるFC450を例にあげるとエンジン単体で1.8kg、ギヤボックスで350g、サブフレームで1kgなど、前モデル比較で5.2kgも軽くなっている。

軽量化に合わせて、外装には継ぎ目のないスムーズなデザインを採用。ライディングフィールは非常にコンパクトな印象だ。

  • 稲垣 正倫
  • FC250《撮影 Campelli M.》
  • スケルトン《撮影 Campelli M.》
  • スケルトン《撮影 Campelli M.》
  • TC125《撮影 Campelli M.》
  • 改良されたスイングアーム《撮影 Campelli M.》
  • サスペンションはWP社4CSを採用《撮影 Campelli M.》
  • サイドゼッケンがシュラウドまで至る独創的なボディワーク《撮影 Campelli M.》
  • サイドゼッケンがシュラウドまで至る独創的なボディワーク《撮影 Campelli M.》
  • 改良されたスイングアーム《撮影 Campelli M.》
  • 非常にスリムで乗りやすい《撮影 Campelli M.》
  • カーボンコンポジットのサブフレームで1kg軽量化《撮影 Campelli M.》
  • ODIのロックグリップを採用する《撮影 Campelli M.》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ