日本ピストンリング第1四半期決算…北米市場好調で、中間期業績予想を上方修正

業界 レスポンス

日本ピストンリングは8月7日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高130億7700万円(前年同期比+7.9%)、営業利益7億9100万円(+38.6%)、経常利益は8億6400万円(+30.2%)、四半期純利益は3億9900万円(−39.4%)だった。

北米市場における日系自動車の販売が好調だったことや、非日系自動車向けの拡販が進んだことで売上は増加。損益面も、償却負担が増加したものの、増産効果や退職給付費用の軽減等により、営業利益は38.6%の大幅増となった。純利益については前年同四半期に投資有価証券売却益を計上したことから39.4%のマイナスとなった。

中間期業績見通しについては、売上高が期初予想値を上回る見込みで、収益も増産効果等により増益となる見込みであることから上方修正。売上高260億円(前回予測比+8億円)、営業利益11億円(+3億円)、経常利益は10億5000万円(+3億2000万円)、四半期純利益は7億円(+1億円)だった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ