コマツ、ミャンマーに建設・鉱山機械の部品再生と発電機製販会社を設立

業界 レスポンス

コマツは、ミャンマーの主要都市であるマンダレーに建設・鉱山機械のコンポーネントの再生と発電機を製造・販売するコマツマニュファクチャリングミャンマー(KMM)を設立、開所式を行った。

コマツは、エンジン、トランスミッションなどの使用済みコンポーネントをさまざまな工程を経て新品同等の品質に再生して市場に供給するリマン事業を強化している。新設したKMMは、世界13拠点目のリマン工場となる。

また、コマツの建設・鉱山機械関連の生産拠点としては、ミャンマーで初の生産拠点となる。更にミャンマーの電力供給不足の解消を支援するため、発電機も生産する。

ミャンマーは、急速な経済発展に加え、世界的な翡翠(ヒスイ)の産地であることなどから、中長期的な建設・鉱山機械の需要増加が見込まれている。

コマツは1995年にヤンゴン事務所を設立して以来、建設・鉱山機械の販売・サービスを展開してきたが、今回のKMMの開所により、顧客の現場により近い拠点から再生部品を提供する体制を整える。顧客の生産性向上やオペレーティングコストとメンテナンスコスト低減に貢献する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ