【PCCJ 第8戦】好スタートを決めた元嶋佑弥、開幕8連勝達成

モータースポーツ レスポンス

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)2015 第8戦決勝が8月9日、富士スピードウェイで開催された。

スターティングオーダーは、ポールポジションが#15元嶋佑弥、2番グリッド以下は#78近藤翼、#12久保凛太郎、スポット参戦の#30 DRAGON、#9武井真司が続く。スタートで鋭い反応を見せたのは元嶋。前日の第7戦では遅れを取ったが、今回は第6戦までのようなスタートダッシュを決め、1周目から逃げ切りを図る。

2番手、3番手は近藤と久保というオーダーのまま進んでいたが、3周目あたりから2台の距離が縮まり、2番手争いへと変わった。だが、4周目の1コーナーで2台は軽く接触し、久保がスピン。久保は7番手までポジションを落としてしまいう。両者のクルマにダメージはなかったが、元嶋のリードはさらに広がった。

代わりに3番手には武井が上がる。5番グリッドからスタートした武井は3周目にDRAGONを捉えて4番手に浮上。3番手に上がった4周目には自己ベストタイムを更新し、近藤を追う態勢に入ろうとしていた。しかし、6周目のダンロップコーナーで痛恨のスピン。12番手へと順位を大きく下げてしまった。

後方での波乱を尻目に、元嶋はハイペースを刻み、最後までトップの座を脅かされることなくトップチェッカー。開幕から8連勝を決めた。

富士ラウンドを終え、今季のPCCJは残り2戦。両大会とも鈴鹿サーキットでの開催となる。第9戦は8月30日、同じくSUPER GTとの併催で行われる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 表彰式
  • #15元嶋佑弥
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 第8戦
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 第8戦
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ