使ってみたいクルマ関連アプリ、トップは渋滞予測…三井ダイレクト損保調べ

テクノロジー レスポンス

三井ダイレクト損害保険は、スマートフォンとドライブに関するアンケート調査を実施、その結果を発表した。

調査は、7月21日から23日の3日間、スマートフォンを保有し、1か月に一度以上車を運転する機会のある男女1000名に対してインターネットリサーチで実施した。

ドライブの際にスマートフォンを使うことがあるか聞いたところ、「よく使う」「たまに使う」合わせて57.3%。約6割がドライブの際にスマートフォンを使っていることがわかった。利用目的は「地図検索」が61.1%で最も多く、以下「周辺情報検索」35.6%、「音楽再生」25.8%が続いた。

使用しているカーナビの種類を聞いたところ、全体では「内蔵型」が61.3%で最も多かった。年代別では、「内蔵型」と回答した人の割合が最も多い世代は50代、「スマートフォン」「外付け型」と回答した人は20代が最も多かった。

あったら使ってみたいと思う「自動車関連のアプリ」を聞いたところ、全体では「渋滞予測アプリ」77.9%がトップとなった。「渋滞予測アプリ」は年代別でも全世代でトップとなっている。2位以降で見てみると、20代は「運転診断アプリ」、30代〜50代は「事故やトラブルに関するアプリ」となった。

また、おすすめの自動車関連アプリは、1位「グーグルマップ」、2位「NAVITIME」、3位「Yahoo!カーナビ」となった。おすすめの理由は、「無料で便利なので」「無料アプリなのに下手なカーナビより高機能」など、無料な手軽さを評価する理由が多く見られた。その他のおすすめアプリは、「ゲーム感覚が楽しい」という理由で「e燃費」、「ドライブが楽しくなるグループ帰属意識がある」という理由で「ハイタッチ!drive」などがあげられた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ドライブでスマートフォンをどのように使っているか、または使ってみたいかお答えください
  • あなたの使用するカーナビ等はどんな種類かお答えください
  • スマートフォンであったら使ってみたいと思う「自動車関連のアプリ」をお答えください
  • Yahoo!カーナビ (iOS版)《撮影 山田正昭》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ