デルファイ、米ソフトウェア企業を買収…自動運転車の開発強化

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、デルファイ・オートモーティブ(以下、デルファイ)は7月30日、米国のオットーマティカ(Ottomatika)社を買収すると発表した。

デルファイは、もともとGMの部品製造子会社。1999年にGMから分社し、独立した企業となった。しかし、2000年代に入って経営状態が悪化。2005年10月、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を申請し、事実上、経営破綻した。その後、経営再建を進め、2011年11月、米国ニューヨークの証券取引所に再上場を果たしている。

今回、デルファイは、米国のオットーマティカ社を買収すると発表。同社は、カーネギーメロン大学をルーツとするベンチャー企業で、ソフトウェアの開発を手がける。

これまでデルファイは、オットーマティカ社との間で、自動運転車(ロボットカー)の共同開発などを行ってきた。今回、同社を買収することで、デルファイのアクティブセーフティシステムと、オットーマティカ社の自動運転ソフトウェアを組み合わせ、次世代の自動運転車の開発を促進していく。

デルファイのジェフ・オウエンズ・チーフテクニカルオフィサーは、「オットーマティカ社との協力関係を深める。そのシナジー効果は素晴らしいと確信している」と述べている。

  • 森脇稔
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ