【SUPER GT 第4戦】ヨコハマタイヤ装着車、GT500クラスで5年ぶりの勝利

新車 レスポンス

横浜ゴムのADVANレーシングタイヤを装着したKONDO RACINGの「D'station ADVAN GT-R」が8月8日・9日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第4戦のGT500クラスで優勝した。

KONDO RACINGおよびヨコハマタイヤにとっての同クラスでの優勝は2010年の開幕戦以来、5年ぶりとなる。

決勝は朝から気温、路面温度が上がり、ドライバー、マシンだけでなく、タイヤにとってもハードな戦いとなったが、ADVANレーシングタイヤは終盤まで安定したパフォーマンスを発揮し、勝利に貢献した。

6番手スタートとなった「D'station ADVAN GT-R」はミハエル・クルム選手が29周目に4位に浮上する。32周目でバトンを受け取った佐々木大樹選手は56周目に3位、60周目に2位となる猛追を見せ、残り6周の61周目でトップを奪取。そのままペースを緩めず、4秒以上のギャップを築いてチェッカーフラッグを受けた。

近藤真彦監督は「ヨコハマタイヤさんにやっと恩返しができた。ゴールした時は『ほっとした』の一言。ここ5年勝っていなかったので、長かった」とコメントしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 佐々木大樹選手(左)とミハエル・クルム選手
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ