【新聞ウォッチ】中国・天津の大爆発…ルノー新車1500台黒焦げ、トヨタ、富士重工なども被害

新車 レスポンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年8月14日付

●天津爆発死者50人に、けが700人超す、倉庫火災の消火中(読売・1面)

●トヨタ先端技術開発加速、大学と連携生活支援ロボ実用化へ(読売・10面)

●人民元3日で4.65%下げ景気減速中国焦る(毎日・2面)

●東芝に企業トップ経験者、社外取締役(日経・1面)

●車工場、人材争奪の夏、増産へ期間従業員なお不足(日経・3面)

●けいざいじん、アイシン精機社長井原保守氏「まず行動」の現場主義者(日経・12面)

ひとくちコメント

少なくとも50人が死亡、700人以上が負傷した中国の天津で起きた大爆発。その影響で現地の日系企業などにも被害が広っているようだ。

現地からの詳しい被害状況は明らかにされていないが、メディアなどの報道によると、トヨタ自動車では激しい爆発のあった現場に隣接する工業地帯の「天津経済技術開発区」に生産工場がある。

生産ラインは夏期休業中で稼働していなかったものの、爆発現場の近くに住む工場の従業員数人がけがをしたほか、トヨタと現地企業の合弁の販売店の従業員も切り傷などのけがをして病院で手当を受けたそうだ。

また、富士重工業は日本から輸出していた多目的スポーツ車などを現場近くの倉庫に保管していたが、100台以上の窓ガラスが破損、車体が変形したという。マツダも日本から輸出した新車のガラスの一部にひびが入ったとみられる。

さらに仏ルノーも保管していた新車6000台のうち、約1500台が全焼する被害が発生したとの情報も伝えられている。

中国では人民元の対ドル基準値を3日連続で切り下げるなど、経済活動が混乱している。その中で日本からも有力企業が多く進出するなど、重点的に経済課発を進めている天津「浜海新区」で被害が続出の大爆発が発生した。現時点では原因は不明だが、弱り目に祟り目としか言いようがない。

  • 福田俊之
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
  • 中国の天津で起きた大爆発《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ