日産 スカイライン 先代、米国向けの生産を終了へ

業界 レスポンス

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティが米国で販売している『Q40』(日本名:先代日産『スカイライン』)。同車の生産が、いよいよ終了することが分かった。

Q40は2014年8月、米国市場に投入。『Q50』(日本名:新型日産スカイライン)の登場後も、米国では先代スカイラインが、Q40の新ネーミングを得て併売されてきた。

すでにインフィニティは、入門コンパクトカーとして、『Q30』を投入すると発表済み。また、新型日産スカイラインは、海外ではインフィニティQ50として販売されている。

Q40の実態は、『G37セダン』(先代日産スカイライン)の車名変更モデル。米国では、新旧スカイラインが併売されており、2台は価格帯が異なるため、顧客のニーズに応える必要があるというのが、併売の理由。

8月7日、インフィニティは、Q40の生産を2015年内に終了すると発表。インフィニティは新入門車として、Q30の発売を控えている。Q40はエントリー車の役割をQ30に譲り、生産を終えることになる。

  • 森脇稔
  • インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
  • インフィニティQ40(先代日産スカイライン)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ