トヨタ、技能五輪国際大会で2個の金メダルを獲得

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、8月12日から4日間にわたってブラジルのサンパウロで開催された「第43回技能五輪国際大会」に、5職種5人の選手が出場し、2人が金メダル、1人が銀メダルを獲得した。

金メダルを獲得したのは自動車板金の清水拓摩選手(試作部)、電子機器組立てでの今多和歩選手(生技開発部)の2名。そのほか試作モデル製作で青島瞭選手(デザイン統括部)が銀メダルを獲得した。

また、タイ、インドネシア、インド、英国の海外事業体から3職種7人の選手が出場し、インドネシアの選手が銅メダルを獲得した。

今回の技能五輪国際大会の結果を受けて、豊田社長は「トヨタ初の海外生産拠点であり、その後、長くお世話になってきたブラジルの地で、未来を担う若きエンジニアが、これまで磨き上げてきた技能を発揮してくれたことに大変感激している。日本ばかりでなく、タイ、インドネシア、インド、イギリスといった海外からの参加も含め、トヨタの代表選手の奮闘を称えるとともに、ご支援・応援いただいたすべての皆様に深く感謝申し上げたい」とコメントした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 今多和歩選手(電子機器組立て)
  • 青島瞭選手(試作モデル製作)
  • 5人の出場選手
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ