17歳少年の自転車が衝突、抑止を試みた警官が重体

社会 レスポンス

14日午後9時10分ごろ、高知県高知市内の市道で、歩道を無灯火走行していた自転車が、これを抑止しようとした警官に衝突する事故が起きた。警官は頭部強打で意識不明の重体。警察は自転車に乗っていた17歳の少年を逮捕している。

高知県警・高知南署によると、現場は高知市長浜蒔絵台1丁目付近。17歳の少年が乗る自転車は幅員約1.5mの歩道を無灯火状態で走行。これに気づいた同署・地域課に所属する25歳の男性巡査部長が職務質問のために抑止しようとしたが、自転車は減速しないまま巡査部長に衝突した。

巡査部長は路上へ転倒した際に後頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、意識不明の重体となっている。自転車も転倒し、少年も打撲などの軽傷を負ったが、警察は過失傷害の現行犯で少年を逮捕。後に釈放し、任意で事情を聞いている。

現場は自転車の進行方向に下り坂となっており、自転車は相当の速度で進行していたものとみられる。聴取に対して少年は「ブレーキが効かなかった」などと供述しているようだ。少年は事故の直前、現場を通りかかったパトカーにも停止を命じられており、警察では逃走中に事故を起こしたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ