いすゞ、大型路線バス エルガを15年ぶりにフルモデルチェンジ

新車 レスポンス

いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガ』を15年ぶりにフルモデルチェンジし、8月18日より発売する。

新型エルガは、クリーンでシンプルなスタイルを追求し、新しい外観デザインを採用。また、ノンステップエリアの長さ・通路幅・室内高、および後方段上部の室内高を拡大し、広々とした室内空間を実現した。

さらに、優先席まわりの安全性向上、反転式スロープ板の採用による車いす乗降の簡易化・時間短縮化を図った。さらに、作業を省力化する、巻き取り式ベルトによる新たな車いす固定装置を採用するなど、バリアフリー・ユニバーサルデザインをレベルアップした車両となっている。

エンジンは、軽量コンパクトな250馬力の4HK1-TCSディーゼルを搭載。高効率なターボ効果による燃費向上を図ったほか、排出ガス後処理装置としてDPDと尿素SCRを採用するなど、環境性能・燃費性能を向上させた。

トランスミッションはAMT(自動クラッチマニュアルトランスミッション)とATの2種類を用意。運転経験の少ない人でも運転しやすい車両となっている。

価格は車型「QRG-LV290N1(GVW14トン以上)」6速AMTが2609万9280円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ