GM、「ファクトリーワン」改修へ…アーカイブセンターに

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは8月15日、米国ミシガン州の歴史的建造物、「ファクトリーワン」を、アーカイブ&リサーチセンターに改修すると発表した。

ファクトリーワンは1880年、Flint Cotton & Woolen Mills社の工場として操業を開始。1886年には、William Crapo Durantに賃貸された。このDurantが後に、現在はGM傘下の高級ブランド、ビュイックの親会社となる。

GMは2013年、およそ300万ドルを投じて、このファクトリーワンを購入。外装の修復や駐車場の整備などを行ってきた。

今回GMは、ファクトリーワンを、アーカイブ&リサーチセンターに改修すると発表。改修工事は2016年に始まり、2017年の完成を計画する。

GMのマーク・ルース上級副社長は、「ファクトリーワンは、自動車産業のまさに震源地」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ