三菱 アウトランダーPHEV、積水化学のV2Hシステム住宅と連系可能に

エコカー レスポンス

積水化学工業 住宅カンパニーは、「V to Heimシリーズ」について、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)との連系を8月27日から開始すると発表した。住宅とPHEVと電力系統の連系は同社が初めてとなる。

V to Heimシリーズは、大容量太陽光発電システム(PV)と定置型リチウムイオン蓄電池に加え、住宅と車の間で電力のやりとりを可能にする「V2H(Vehicle to Home)システム」を搭載したエネルギー自給自足住宅。今年7月末には累計で380棟を超えるなど、着実に受注棟数を伸ばしている。

同シリーズでは、これまで三菱『MiEVシリーズ』と日産『リーフ』をV2Hシステムの対象としていたが、三菱『アウトランダーPHEV』との連系について、住宅と自動車および電力会社との安全評価や協議が終わり、系統連系が可能となった。

同社では、電力系統連系の対応車種を拡大したことで、顧客の選択肢を広げ、エネルギー自給自足住宅の販売促進を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • V2Hシステム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ