自動車セールス満足度、ラグジュアリー部門トップはレクサス…JDパワー

業界 レスポンス

J.D.パワーアジア・パシフィックは、日本自動車セールス満足度調査を発表した。

この調査は今年が14回目。新車購入時の販売店の対応に関する、顧客の総合的な評価を、「セールス担当者」、「契約・価格」、「店舗施設」、「納車」の4つのファクターで評価した。これらのファクターにおける、複数の詳細項目に対する評価を基に、1000点満点の総合満足度を算出している。

調査は、乗用車を新車で購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を総合的に分析するもの。新車購入後2〜12カ月経過した国産・輸入車ブランドの乗用車保有者を対象に、5月下旬から6月上旬にかけてウェブ調査を実施し、7072人から回答を得た。

2015年の総合満足度の業界平均スコアは665ポイントとなり、前年より13ポイント改善した。ブランドセグメントごとの推移では、量販ブランド平均が663ポイントで、前年より14ポイントアップしたのに対し、ラグジュリーブランド平均は708ポイントで前年より10ポイント低下した。

総合満足度ランキングでは、ラグジュリーブランドセグメントはレクサスが757ポイントで1位となった。レクサスの総合スコアはラグジュリーブランドセグメント平均を49ポイント上回った。4つのファクターの全てで、ラグジュリーブランドセグメントの最高スコアを獲得した。

2位はメルセデス・ベンツ、3位がアウディ、4位がBMW、5位がボルボだった。

量販ブランドセグメントでは、フォルクスワーゲンが695ポイントで1位を獲得した。「契約・価格」を除く3つのファクターでセグメントトップスコアを獲得した。2位はMINIで684ポイント、3位が日産で679ポイント、4位がマツダで675ポイント、5位が三菱で667ポイント、6位のホンダ、663ポイントまでが業界平均以上。7位はトヨタ、8位がダイハツ、9位がスズキ、10位がスバルだった。

  • 編集部
  • 2015年日本自動車セールス満足度(SSI)調査《画像 J.D.パワー アジア・パシフィック》
  • 2015年日本自動車セールス満足度(SSI)調査《画像 J.D.パワー アジア・パシフィック》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ