トヨタの新興国ミニバン、アバンザ が進化…表情一新

新車 レスポンス

トヨタ自動車は8月17日、インドネシアにおいて、新興国向けミニバンの『アバンザ』新型を発表した。

初代アバンザは、2003年末に発表。トヨタの新興国車、「IMV」プロジェクトの一環として開発された3列シート7名乗りの小型MPV。トヨタとダイハツが共同開発し、ダイハツ版は『セニア』を名乗る。

アバンザは2011年秋、2世代目にモデルチェンジ。この2世代目モデルがデビューからおよそ4年を経て、初の大幅改良を受けた。

新型では、ヘッドライト、グリル、バンパーのデザインを先代から変更し、表情を一新。リアも、テールランプやゲート、バンパーのデザインを改め、イメージを大きく変えている。

  • 森脇稔
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
  • トヨタ アバンザ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ