トヨタ、中国・天津工場をさらに3日操業停止…新たに四川一汽豊田も

業界 レスポンス

トヨタ自動車は8月19日、爆発事故の影響で17日から19日まで操業を停止した中国・天津市の合弁会社、天津一汽豊田汽車での車両生産を20日から22日までさらに3日間停止すると明らかにした。

トヨタは「安全が確保できないため」と説明している。天津一汽豊田は『カローラ』や『クラウン』などを生産するトヨタの主力工場で、昨年は中国での販売のほぼ半数となる44万台を生産している。中国の販売好調をけん引しているカローラの生産拠点だけに、中国事業への影響が懸念される。

トヨタはまた、天津の港湾設備が使えないために部品調達に支障が出ている四川一汽豊田汽車の長春西工場も20、21日の2日間、操業を止めることを決めた。『RAV4』を生産しているが、こちらは22日から操業を再開し、短期間で挽回生産ができる見通しという。

  • 池原照雄
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 一汽トヨタが生産する カローラ ハイブリッド(上海モーターショー15)《撮影 関航介》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 中国・天津の爆発事故現場《写真 Getty Images》
  • 一汽トヨタが生産する カローラ ハイブリッド(上海モーターショー15)《撮影 関航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ