歩道に乗り上げ暴走、運転者にてんかん発作の症状

社会 レスポンス

16日午後9時30分ごろ、東京都豊島区内の都道で乗用車が暴走。道路右側の歩道に乗り上げ、隣接するビルの1階部分に突っ込む事故が起きた。この事故で5人が死傷。警察は運転していた53歳の男を逮捕している。

警視庁・池袋署によると、現場は豊島区東池袋1丁目付近で片側2車線の緩やかなカーブ。乗用車はJR池袋駅東口の地下にある有料駐車場から進出。流出路を曲がらずに直進し、道路右側の歩道に進入。さらに暴走を続け、隣接するビルの1階部分に突っ込んだ。

この事故で歩道を歩いていた5人が次々にはねられ、41歳の女性が頭部強打などが原因でまもなく死亡。他の4人が重軽傷を負った。警察はクルマを運転していた北区内に在住する53歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。1人死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

事故直後の男は極度の興奮状態で、支離滅裂な言動を繰り返していた。当時は危険ドラッグ等の使用も疑われたが、薬物類は検出されず、後の調べでてんかん発作の症状があることが判明。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ