ZMP、ディープラーニングによる画像認識ソフト搭載のステレオビジョンシステムを発売

テクノロジー レスポンス

ZMPは8月20日、ディープラーニング(深層学習)による画像認識ソフトウェアを搭載したステレオビジョンシステムの販売を開始すると発表した。

新製品は、ソニー製超高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「ZMP RoboVision 2」と、NVIDIA社GPU「Tegra K1」を搭載したコントローラボックスで構成。ディープラーニングにより先行車両・歩行者・白線・信号の認識を行う。

ADAS(先進運転支援)技術、自動運転技術の開発では、白線や信号情報の検出および先行車両や歩行者など、移動体の認識が必要となる。新製品はリアルタイムでこれらのオブジェクトの認識とトラッキングを行い、位置情報等をCANで出力が可能なため、実車走行時のセンサシステムとして利用しやすくなっている。

販売予定価格は200万円(税別)で、10月末の出荷開始を予定。なお、ディープラーニングによる画像認識技術、および、RoboVision2については、8月25日よりベルサール六本木で開催される「ZMPフォーラム」にて、デモおよび講演を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ZMP RoboVision 2
  • ディープラーニングによる歩行認識の例
  • ZMP RoboVision 2
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ