【ペブルビーチ15】レクサス GS 改良新型、3.5リットルV6は311hpに強化

新車 レスポンス

レクサスが8月13日、米国で開幕したペブルビーチコンクールデレガンスで初公開した改良新型『GS』。「GS350」グレードが、エンジンを強化している。

改良新型GSは、現行GSのデビュー以来、初となる大幅な改良を実施。外観は、フロントマスクを中心に、イメージチェンジ。ヘッドライトには、Bi-LEDを採用。内装は、さらなるプレミアム性が追求された。

パワートレインには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを、新グレードの「GS200t」に搭載。このエンジンは、新型SUVの『NX』から導入が開始されたダウンサイズユニット。

一方、従来からのGS350グレードは、エンジンを強化。直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力311hp、最大トルク38.7kgmを発生。従来の306hp、38.3kgm比で、5hp、0.4kgmの強化を果たす。トランスミッションは、8速AT。

駆動方式はFRだけでなく、4WDも選択可能。この4WDは、通常状態の前後駆動力配分が、30対70。走行状態や路面状況に応じて、50対50までの範囲で変化する。

  • 森脇稔
  • レクサス GS の2016年モデル
  • レクサス GS の2016年モデル
  • レクサス GS の2016年モデル
  • レクサス GS の2016年モデル
  • レクサス GS の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ