タイヤの重要性を伝えたい…ダンロップ全国タイヤ安全点検

モーターサイクル レスポンス

「ダンロップモーターサイクルコーポレーション」(住友ゴムグループの二輪車用タイヤ販売会社)は8月9日、バイクユーザーを対象にした「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を全国6か所で一斉に実施した。

開催場所は次の通り。箱根・十国峠レストハウス(静岡県函南町)、あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市)、道の駅 桜の郷 荘川(岐阜県高山市)、瑞穂の里・さらびき(京都府京丹波町)、道の駅 風の家(岡山県真庭市)、道の駅 ゆふいん(大分県由布市)。

目的はタイヤに起因する事故の未然防止で、対象はダンロップユーザーだけに限らない。スタッフがバイクユーザーに声をかけ、了承した人全員のバイクのタイヤを無料でチェック。残溝をはじめタイヤ表面の損傷、摩耗度合いなどを調べた。

今回点検したのは6か所で564台。そのうち、タイヤの整備不良は70台で、約8台に1台(約12.4%)の割合で確認された。

「私も昔バイクに乗っていまして、販売部門にいた頃はバイクで販売店を回っていました。六甲山にも走りに行きましたよ」と言うのは、箱根・十国峠で点検活動に参加した住友ゴム工業の山本悟 取締役常務執行役員。

「こうした点検活動を通じて、ユーザーにタイヤがいかに重要かということを知っていただきたい」というのが、山本氏の願い。

「四輪・二輪を問わず、そしてダンロップユーザーであるかないかなど問題にせず、(タイヤの安全点検が重要であることを)多くの人に伝えていきたいと考えています」と、こうした活動を今後も継続的に続けていく方針だ。

  • 青木タカオ
  • 箱根・十国峠で点検活動に参加した住友ゴム工業の山本悟 取締役常務執行役員。《撮影 青木タカオ》
  • ダンロップ全国タイヤ安全点検活動、箱根・十国峠レストハウスにて。《撮影 青木タカオ》
  • ダンロップ全国タイヤ安全点検活動、箱根・十国峠レストハウスにて。画像提供:ダンロップモーターサイクルコーポレーション
  • ダンロップ全国タイヤ安全点検活動、箱根・十国峠レストハウスにて。《撮影 青木タカオ》
  • 箱根・十国峠で点検活動に参加した住友ゴム工業の山本悟 取締役常務執行役員。《撮影 青木タカオ》
  • ダンロップ全国タイヤ安全点検活動、箱根・十国峠レストハウスにて。《撮影 青木タカオ》
  • ダンロップ全国タイヤ安全点検活動、箱根・十国峠レストハウスにて。画像提供:ダンロップモーターサイクルコーポレーション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ