GM、カナダ工場に投資…3.6リットルV6エンジン増産へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは8月7日、カナダのパワートレイン工場に、1300万カナダドルを投資すると発表した。

GMが投資を行うのは、セント・キャサリンズ・パワートレイン工場。同工場はGMにとって、北米最大のエンジン&トランスミッション工場となる。

現在、同工場では、3.6リットルV型6気筒ガソリンエンジンなどを生産中。このV6エンジンを増産するために、GMは同工場に対して投資を行う。

また、同工場では、V8エンジンやトランスミッションも生産。GMの幅広い車種に搭載されている。

GMカナダのステファン・カーライル社長は、「この新たな投資は、将来に向けて、より多くのオプションや可能性を与えてくれる」と述べている。

  • 森脇稔
  • GMの3.6リットルV6エンジン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ