BMW 1シリーズ、1.5リットル3気筒ターボエンジンを搭載…入門グレードに

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型BMW『1シリーズ』のエントリーモデル「118i」に、新開発1.5リットル直列3気筒エンジンを搭載し、9月5日より発売すると発表した。

新型118iは、従来の1.6リットル4気筒エンジンに替え、新世代の1.5リットル直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載。ターボチャージャーと高精度ダイレクトインジェクションシステムなど、革新的な技術を組み合わせ、3気筒エンジン特有の軽やかな吹け上がりと自然なレスポンス、スポーティなエンジンサウンドに加え、優れた燃料消費を実現している。

最高出力は136ps、最大トルクは220Nmを発揮する。最大トルクを従来モデルより低い回転数の1250〜4300rpmという広範囲で発生させることで、市街地などをより快適に走行できる。

一方、燃費(JC08モード)は、従来モデルから約10%向上し、18.1km/リットルを実現。「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、自動車取得税で60%、重量税が50%減税、翌年度の自動車税も75%減税となり、従来モデルよりさらに多くのエコカー減税メリットを享受できる。

価格は従来同様、「スタンダード」が298万円、「スポーツ」および「スタイル」が338万円、「Mスポーツ」が358万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 1.5リットル直列3気筒直噴ターボエンジン
  • BMW 118i
  • 1.5リットル直列3気筒直噴ターボエンジン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ