JVCケンウッド、ZMPフォーラム2015にデジタルコックピットシステムを展示

テクノロジー レスポンス

JVCケンウッドは、8月25日から27日まで、ベルサール六本木で開催される「ZMPフォーラム2015」にて、ZMPのロボットカーに同社開発のヘッドアップディスプレイや車載用カメラ、電子ミラーなどを搭載した次世代デジタルコックピットシステムのコンセプトモデルを展示すると発表した。

高画質電子ミラーは、ロボットカーの左右と後方に合計3台の車載用HDカメラを搭載。運転席に設置した専用ディスプレイにパノラマ画像を映し出す。

また、ロボットカーの前後左右に合計4台の車載用HDカメラを搭載。運転席に設置した専用ディスプレイに、車上方から見た、360度の視認性の高い映像を表示。さらに、フロントガラスに安全運転支援情報や運転速度などを表示可能な高精細ヘッドアップディスプレイを搭載する。

コンセプトモデルでは、実際の車内において、先進のカーオプトロニクス技術を体験することができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • デジタルコックピットシステムのイメージ(左)とデジタルコックピットシステムを搭載するZMPのロボットカー(右)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ