メルセデス GLA、欧州で改良…ディーゼルがパワーアップ

新車 レスポンス

ドイツの高級車、メルセデスベンツは8月上旬、欧州向けの『GLAクラス』に改良を施した。

改良のハイライトは、ディーゼルエンジンの強化。「GLA 220d」グレードの直噴2.1 リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、最大出力177hp、最大トルク35.7kgmを獲得。従来の170hpに対して、7hp強化された。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「7G‐DCT」。駆動方式は、FFまたは4WDの「4マチック」。0‐100km/h加速7.7秒、最高速218‐223km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

また、改良新型『Aクラス』に導入された「ダイナミック・セレクト」が、GLAクラス全車で選択可能に。ダイナミック・セレクトは、4種類の走行モード、「コンフォート」「スポーツ」「エコ」「インディビジュアル」が切り替えられる。エンジン、トランスミッション、サスペンション、ステアリングなどの設定が、モードを切り替えることで変化する。

このほか、全車がアップル社の「CarPlay」と、「MirrorLink」に対応するなど、車載インフォテインメントが充実。ガソリンエンジンの「GLA250」では、マニュアルトランスミッションが選択できるようになった。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
  • メルセデスベンツ GLA
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ