韓国の現代モービス、PSAプジョーシトロエンから初受注

業界 レスポンス

韓国の自動車部品メーカー、現代モービスは8月19日、フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンとの間で、220億ウォン規模の統合スイッチモジュールの供給契約を締結した、と発表した。

統合スイッチモジュールは、自動車の各種マルチメディア機能と空調システムを制御する装置。オーディオやナビ、エアコンなど、ドライバーが触れる多くのスイッチで構成されている。

現代モービスは、今回の受注契約を成功させるために、2010年からPSAとの交渉を開始。PSAのエンジニアや購買担当者を招き、技術展示会で製品や技術力をアピールしてきた。その結果、PSAからの初受注に結び付いた。

現代モービスは、中国の天津工場で統合スイッチモジュールを生産し、PSAのフランス工場に供給する予定。 2017年に量産予定のプジョー車に採用される計画。

現代モービスの海外営業事業部長、ギム・マンホン常務は「今回の受注は、現代モービスの競争力がグローバル先進企業と肩を並べていることを実証した事例」と述べている。

  • 森脇稔
  • 現代モービスの公式サイト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ