レースファン垂涎の「コミュニケーションライン」…ホンダ ライディングギア 春夏モデル

モーターサイクル レスポンス

ホンダモーターサイクルジャパンは8月24日、「ホンダ ライディングギア 2016年春夏モデル」記者発表会を開催した。

同社の製品は各商品のキャラクターによって「スポーツライン」「スタンダードライン」「カジュアルライン」の3つのラインにカテゴライズされているが、2016年春夏モデルより新しく「コミュニケーションライン」が加わるという。

これはサーキットで活躍するレーシングライダーやチームスタッフ、レース観戦を楽しむユーザーに向けたもので、『Honda コミュニケーションパーカー』や『Honda コミュニケーション トラックトップ』、『Honda コミュニケーション キャップ』などが新製品としてラインナップされる。

コミュニケーションラインを立ち上げた狙いについて、部洋用品部の関 浩治 チーフはこう言う。

「我々Honda のレーススタッフとお客様が同じものを一緒に来て、Honda のレースを一緒に盛り上げられたらという思いです」

「かつてはサーキットグッズを販売していたこともありましたが、最近はやっていませんでした。レース人気もあって、ファンからの要望も強かったです」

今後、コミュニケーションラインをますます充実させていく方針とのこと。

レース観戦やイベントの応援グッズとして大活躍しそうで、ターゲットはレースファンだ。

  • 青木タカオ
  • 2016年春夏新製品となる「Honda コミュニケーションパーカー」。《撮影 青木タカオ》
  • 『Honda Riding Gear 2016年春夏モデル』よりラインナップに加わる『コミュニケーションライン』。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年春夏新製品となる「Honda コミュニケーションパーカー」。《撮影 青木タカオ》
  • ホンダモーターサイクルジャパン部品用品部の関 浩治チーフ。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年春夏新製品となる「Honda コミュニケーションパーカー」。《撮影 青木タカオ》
  • 『Honda Riding Gear 2016年春夏モデル』よりラインナップに加わる『コミュニケーションライン』。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年春夏新製品となる「Honda コミュニケーションパーカー」。《撮影 青木タカオ》
  • ホンダモーターサイクルジャパン部品用品部の関 浩治チーフ。《撮影 青木タカオ》
  • ホンダモーターサイクルジャパン部品用品部の関 浩治チーフ。《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ