VW、インドからメキシコへの累計輸出10万台…2年以内で達成

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは8月20日、インドからメキシコへの累計輸出台数が10万台に到達した、と発表した。

フォルクスワーゲンは2013年秋、インドからメキシコへの輸出を開始。累計10万台は、輸出開始から2年足らずで達成した記録となる。

記念すべき10万台目は、『ヴェント』。赤いボディカラーをまとった小型セダンのメキシコへの出荷を、関係者が祝福した。

メキシコでは、ヴェントや『ポロ』が人気。とくに、インド製のヴェントは、2013年後半のメキシコ導入からすぐに、好調な販売が続いている。

現在、フォルクスワーゲンは、インド製のポロとヴェントを、世界32か国以上へ輸出。マハーシュトラ州の東部に位置するプネ工場において、左および右ハンドル車を生産している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのインドからメキシコへの累計輸出10万台目となった新型ヴェント
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ