ZMP、独IBEOと自動運転技術を共同開発へ…レーザースキャナ活用

業界 レスポンス

ZMPは、ドイツのIBEOオートモーティブ・システムズと、レーザスキャナを活用した自動運転車を共同開発することで合意した。同時に、ZMPは、IBEOのレーザスキャナを搭載した自動運転車両「RoboCar」を販売する。

IBEOは、車載レーザスキャナの技術開発で先行しており、IBEOのレーザスキャナは、世界中で自動運転技術開発のために使われている。ZMPは、自動運転開発プラットフォーム「RoboCar」シリーズを開発・販売するなど、自動運転技術の開発を進めている。

今回、IBEOとZMPは、IBEOのレーザスキャナを用いたオブジェクト認識技術や、自己位置推定技術、マップ作成技術を共同で開発することで合意した。IBEOとZMPの組み合わせにより、高効率、高性能な自動運転技術の提供を目指す。

IBEO のレーザスキャナを前後計2個搭載した市販ハイブリッド車ベースの「RoboCar HV」は、2200万円(税別)で、8月26日から受注を開始する。

  • 編集部
  • IBEO レーザスキャナを搭載したRoboCar MiniVan《画像 ZMP》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ