【ハーレー 2016年モデル】ソフテイル 全車にツインカム103B…待望の1689ccエンジン

モーターサイクル レスポンス

アメリカおよびヨーロッパ向けモデルでは、排気量1689ccの「ツインカム103B」エンジンが日本より先行し搭載されていた『ソフテイル』ファミリー。

日本のファンは、ソフテイルファミリーにこのエンジンが積まれることを心待ちにしていたが、2016年モデルでついにそれが実現される。

15年モデルまでのソフテイルモデルは、排気量1584ccの「ツインカム96B」を搭載。105ccの差はハイスピードレンジで感じられるものだった。

待望の「ツインカム103B」は、95.3×111.1mmだったボア×ストロークを98.4×111.1mmに拡大している。

不快な振動を打ち消すカウンターバランサーの内蔵、フレームへのエンジン・リジッドマウント、リアショックを車体下に隠すソフテイルならではの車体構成は踏襲。

ソフテイルスリム、ファットボーイローに設定された『Sシリーズ』にのみ、さらにスケールアップした1801ccエンジン「ツインカム110B」(ボア×ストローク=101.6×111.1mm)が搭載される。

  • 青木タカオ
  • 2016ソフテイルファミリー FXDBブレイクアウト(画像は米国仕様)
  • 2016ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(画像は米国仕様)
  • 2016ソフテイルファミリー FLSTNソフテイルデラックス(画像は米国仕様)
  • 2016ソフテイルファミリー FXDBブレイクアウト(画像は米国仕様)
  • 2016ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(画像は米国仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ