マツダ アクセラ 一部改良…ブラインドスポットモニタなどを装備

新車 レスポンス

マツダは、『アクセラ』について、ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジン搭載車を一部改良し、8月27日より発売する。

今回の一部改良では、車両後方の検知システムを刷新。走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」を採用。ドライバーの危険認知支援を強化し、接触事故のリスク低減をサポートする。

また、販売台数の約半数を占めるSKYACTIV-G 1.5搭載車の商品力を強化。AT制御の改良により燃費を向上し、20.6km/リットル(JC08モード燃費)の低燃費を実現し、エコカー減税の減税率を向上させた。さらに、「15Sツーリング」に新たに4WDのグレードを設定し、選択肢を広げた。

価格は176万0400円から306万7200円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ アクセラ 15Sツーリング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ