日産、世界で最も過酷なゴルフ大会の映像を公開…優勝スコアは103オーバー

業界 レスポンス

日産自動車は、『エクストレイル ハイブリッド』のプロモーション企画として、世界最大級の苛酷さを誇るゴルフ大会「X-TREME GOLF CUP 2015」を実施。同大会の公式結果および大会の全貌を収録した映像を公開した。

同大会は、茨城県「竜ヶ崎飛行場」を第1ホールとし、青森県「尻屋埼灯台」までの各所に18ホール(パー72)を設定。全長約2kmのロングホールや吊り橋でのパター、高低差10メートル以上の断崖絶壁コース、瓦礫のグリーンなど、想像を絶するコースが用意された。

原則としてOBやロストボールはなし、各ホール間の移動にはエクストレイル ハイブリッドを使用。自然との戦いもテーマに、全6013ヤードを4日間かけ走破するという、世界でも類を見ない過酷なゴルフ大会として行われた。

同大会への参加希望者は、5月より公式サイトで公募、挑戦を希望した応募者総数は423名にのぼった。ゴルフスコア、経歴、参加への熱意などから人選し、実際の挑戦者としてアマチュアゴルフ大会などで優勝経験を持つ3名のゴルファーが選ばれ、白熱の戦いを繰り広げた。

大会結果は、田澤大河さんが175打(103オーバー)で18ホールを完走し、優勝。優勝賞品としてエクストレイル ハイブリッドなどが手渡された。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • 第1ホールは飛行場を舞台にした直線コース
  • カートとして活躍するエクストレイルハイブリッド。選手を乗せ、あらゆる道を突き進む
  • 各ホールではタイム測定が行われ、最も遅い選手にはペナルティがつく、オリジナルルール
  • あまりの過酷さに、息が上がる田澤選手
  • 高低差10メートル以上の断崖絶壁コースも
  • 瓦礫のグリーンに悪戦苦闘
  • ゴルフボールは、専門スタッフが回収を行う
  • 103オーバーという「好成績」で優勝した田澤大河選手
  • 田澤大河選手
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • 全長約2kmの第15ホール
  • コースは、工場跡地の廃墟にも設定される
  • 目隠しされ、第1ホールに登場した選手たち。目の前に広がるコースにあぜんとする
  • 緊迫した展開となった「吊り橋」でのパター
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • 第1ホールは飛行場を舞台にした直線コース
  • カートとして活躍するエクストレイルハイブリッド。選手を乗せ、あらゆる道を突き進む
  • 各ホールではタイム測定が行われ、最も遅い選手にはペナルティがつく、オリジナルルール
  • あまりの過酷さに、息が上がる田澤選手
  • 高低差10メートル以上の断崖絶壁コースも
  • 瓦礫のグリーンに悪戦苦闘
  • ゴルフボールは、専門スタッフが回収を行う
  • 103オーバーという「好成績」で優勝した田澤大河選手
  • 田澤大河選手
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • X-TREME GOLF CUP 2015
  • 全長約2kmの第15ホール
  • コースは、工場跡地の廃墟にも設定される
  • 目隠しされ、第1ホールに登場した選手たち。目の前に広がるコースにあぜんとする
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ