新日鉄住金、インドネシアで自動車用鋼板の合弁工場を起工

業界 レスポンス

新日鉄住金とインドネシアのクラカタウ・スチールは、自動車用鋼板製造・販売事業の合弁会社であるクラカタウ・ニッポン・スチール・スミキン(KNSS)がインドネシアのバンテン州チレゴン・クラカタウ工業団地内の工場建設地で起工式を実施した。

起工式には、チレゴン市長のほか、インドネシア政府関係者、在インドネシア日本国大使館関係者、クラカタウのRuky監査役会会長、新日鉄住金の太田克彦副社長など、約180人が出席した。

インドネシアの自動車市場は、低迷しているものの、中長期的に需要伸長が見込まれており、防錆鋼板・高張力鋼板などへの自動車メーカーのニーズ拡大も見込まれている。

KNSSは、連続焼鈍ライン(冷延鋼板製造用)と溶融亜鉛めっきライン(亜鉛めっき鋼板製造用)を一体化させた最新鋭の自動車鋼板製造ライン「GAPL」を設置することで、自動車用外板、高張力鋼板を含む高級・高品質の冷延鋼板・溶融亜鉛めっき鋼板を供給し、インドネシアに工場のある自動車メーカーのニーズに対応する。

工場は2017年半ばから営業運転を開始する予定。生産能力は年間48万トン。従業員数は約280人を予定している。

  • 編集部
  • スピーチをする太田新日鉄住金副社長《画像 新日鉄住金》
  • KNSSの工場の位置図《画像 新日鉄住金》
  • 前列左から4人目から:チゴレン市長、太田新日鉄住金副社長、有田KNSS社長、Rukyクラカタウ社監査役会会長、青木豊在インドネシア公使《画像 新日鉄住金》
  • スピーチをする太田新日鉄住金副社長《画像 新日鉄住金》
  • KNSSの工場の位置図《画像 新日鉄住金》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ