ZMP、自動運転技術開発用の車載コンピューターを販売…インテル製CPU搭載

業界 レスポンス

ZMPは、インテル製のCPUを使用し、自動運転の技術開発に使用する車載コンピュータ「IZAC」の販売を開始した。

ZMPは、市販車をベースとしたロボットカー「RoboCar HV/PHV/MiniVan」を自動運転技術開発プラットフォームとして販売している。自動運転車では、様々な周辺環境センサーやカメラの映像などの膨大な情報から、リアルタイムで自車位置推定やマッピング、障害物やレーン検知などを行った上で、経路生成とトラッキングなどの判断を瞬時に行い、車両のステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う複雑な計算処理が必要となる。

RoboCarではこれまで、車両に制御信号を送るコントローラボックスに外付けのパソコンを接続し、購入した開発者が様々なソフトウェアを自らパソコン上で準備した上で開発に使用してきた。

IZACは、インテルCore i7プロセッサーをメインCPU に使用し、リアルタイム性を要求されるタスクと非リアルタイムなタスクをワンボックスで制御可能。ZMPがこれまでの自動運転開発を通して培ってきた、障害物回避、レーン検知など、様々な自動運転アルゴリズムをコンポーネントとして順次提供し、顧客は既存コンポーネントを利用してアプリケーションや独自の制御システムの実装が可能となる。

IZACは、ハードウェアと基本ソフトウェアが含まれるベースパッケージが350万円(税別)で、受注を開始、10月末から出荷を開始する。

  • 編集部
  • IZACによるシステムイメージ《画像 ZMP》
  • ZMPがインテル製CPU を使用した自動運転用コンピュータ「IZAC」を開発《画像 ZMP》
  • IZACによるシステムイメージ《画像 ZMP》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ